人間のお肌は大きく分けて3つの層にわかれています(表皮・真皮・皮下組織)。コラーゲンは真皮に最も多く含まれており、その7割がコラーゲンで構成されています。人は年を重ねるにつれ、真皮ではコラーゲンを作り出す能力が弱くなり、新しいコラーゲンに入れ替わらず古いコラーゲンが溜りがちになってきます。状態の古いコラーゲンは紫外線などの影響を受け柔軟性に乏しく好ましくありません。

表皮に見られるこじわ、かさつき等は保湿や表面的な肌の手入れ用の化粧品などでも目立ちにくくできます。新しいコラーゲンを常に作るということは、古いコラーゲンを新しいコラーゲンに置き換える非常に大切な働きと言えます。